積水ハウスVS大和ハウス@価格・断熱性など徹底比較!

積水ハウスと大和ハウスは、有名な大手ハウスメーカーではありますが、様々な違いがあるので、どちらに相談しようか迷う人もいるでしょう。

 

様々な違いを比較して、どちらにするか決めるのがおすすめです。

 

今回は、積水ハウスと大和ハウスを徹底比較しました!

 

・【積水ハウスVS大和ハウス】特徴で比較!

・【積水ハウスVS大和ハウス】価格、坪単価で比較!

・【積水ハウスVS大和ハウス】建て方、工法で比較!

・【積水ハウスVS大和ハウス】断熱性で比較!

・【積水ハウスVS大和ハウス】耐震性で比較!

など、積水ハウスと大和ハウスに関する、気になる情報を詳しくまとめました!

【積水ハウスVS大和ハウス】特徴で比較!

積水ハウスの特徴は、大手ハウスメーカーならではの、高い営業力と引き渡し数です。

 

宣伝広告も多く、業界トップレベルの宣伝力と営業力を誇っています。

 

対して大和ハウスは、天井が高い広い家を中心に、手掛けていることです。

 

一般的な住宅より30cmも高いので、それだけで開放感が得られるでしょう。

【積水ハウスVS大和ハウス】価格で比較!

積水ハウスの価格や坪単価は、商品ラインナップによって違いますが、坪単価はおよそ50~80万円です。価格にして30坪の場合だと、1500~2400万円となっています。

 

対する大和ハウスは、基本的に坪単価は70~90万円ほどします。

 

価格にして、30坪なら2100~2700万円となっており、高い価格設定となっています。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS大和ハウス】建て方・工法で比較!

積水ハウスが住宅を建てる際に、行われている工法は、主に軽量鉄骨と木造軸組在来工法となっています。

 

対する大和ハウスは、主に鉄骨軸組工法となっています。

 

また、持続型耐震を実現しており、エネルギー吸収型耐力壁を、随所に配置しているのが特徴です。

【積水ハウスVS大和ハウス】断熱性で比較!

積水ハウスの断熱性は、最高等級の4を獲得しており、「ぐるりん断熱」というオリジナル断熱仕様を提供しているのが特徴です。

 

対する大和ハウスは、外張り断熱通気外壁によって、高い断熱性を実現しています。

 

断熱材が、部屋をまるごと覆うように充填されているので、高い断熱性と気密性があります。

【積水ハウスVS大和ハウス】耐震性で比較!

積水ハウスの商品は、耐震性にも優れており、シャーウッド工法を初めとした工法によって、高い耐震性を実現しています。

 

対する大和ハウスは、震度7クラスの地震にも耐えられる耐震性を誇っており、地震が多い日本だからこそのメリットです。

【積水ハウスVS大和ハウス】空調システムで比較!

積水ハウスの空調システムといえば、エアシーズンが挙げられます。

 

エアシーズンは本来であれば、冷暖房効率が悪い吹き抜けがある家でも、満遍なく空調を行き渡らせます。

 

対する大和ハウスの空調システムは、ライフスタイルに合わせて、24時間常に、全ての部屋のエアコンをコントロールして、無駄なく省エネにしてくれる「エアスイート」です。

【積水ハウスVS大和ハウス】設計の自由度で比較!

積水ハウスは自由設計ができる商品もありますが、それでも設計の自由度は低いと言わざるを得ません。

 

これは、商品の大量展開による影響なので、ある程度は仕方ありません。

 

対する大和ハウスは設計の自由度が高く、それを売りにしている商品もあるほどです。

 

設計対応力に優れているため、その点では大和ハウスの方が上です。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS大和ハウス】商品ラインナップで比較!

積水ハウスの商品ラインナップは、他のハウスメーカーよりも群を抜いていると言えます。

 

設計の自由度が低い分、商品ラインナップでカバーしている、と言って良いでしょう。

 

対する大和ハウスの商品ラインナップも、負けず劣らず豊富にあります。

 

・ジーヴォΣ

・Σプレミアム

・skye

など、様々な商品が提供されています。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS大和ハウス】省エネ住宅で比較!

積水ハウスの代表的な省エネ住宅は、グリーンファーストゼロです。

 

創るエネルギーと消費するエネルギーを相殺してゼロにすることで、ゼロエネルギーを可能にしています。

 

対する大和ハウスは、スマ・エコ+ZEHレベルの高断熱仕様によって、省エネ住宅を実現させています。これにより、エネルギー収支ゼロを可能にしているのが特徴です。

【積水ハウスVS大和ハウス】標準仕様で比較!

積水ハウスの標準仕様は多くあり、2社のメーカーから選べるキッチンや、遮熱性と断熱性に優れた窓、様々な機能を持つ換気システムなどが取り揃えられています。

 

対する大和ハウスの標準仕様は、高い断熱性能を誇る外張り断熱通気外壁、高性能グラウスウールボード、そしてキッチンやお風呂は、

 

・LIXIL

・Panasonic

から選べます。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS大和ハウス】オプションで比較!

積水ハウスには、高性能のオプションの中から選べるようになっており、エコキュートや床暖房、浴室暖房乾燥機といったレパートリーがあります。

 

対する大和ハウスのオプションは、床暖房、小屋裏、空調、カーテン、照明などに関するオプションが選べます。

【積水ハウスVS大和ハウス】満足度で比較!

積水ハウスの満足度は、自由設計の面では低いですが、それをカバーするように、商品の満足度が高い傾向にあります。

 

対する大和ハウスは、大手ならではの高い実績と安心感によって、高い満足度となっています。

 

平均以上の満足度を得ているので、総合的には大和ハウスの方が高いです。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS大和ハウス】アフターサービス・保証で比較!

積水ハウスでは、25年間のアフターメンテナンスが保証されており、季節に応じて、柔軟かつ迅速に対応してくれるサービスがあります。

 

対する大和ハウスは、ジーヴォシリーズなら初期保証30年、それ以外の住宅は初期保証20年、共に有料で60年以上保証サービスを任意で続けてくれます。

まとめ

積水ハウスも大和ハウスも優れたメリットが多く、それぞれにしかない特徴があるので、迷うこともあるでしょう。

 

しかし、実績は商品ラインナップなどは積水ハウスの方が上なので、もし相談する機会があるなら、積水ハウスに相談するのがおすすめです。