積水ハウスとパナホームで選ぶならどっち!?価格・特徴など比較

積水ハウスとパナホームは、大手のハウスメーカーというだけあって、様々な特徴がありますが、この二つの住宅会社を比較すると、様々な違いがあります。

 

どんな特徴があるのかなどを比較することで、どちらに相談しようか、決めやすくなるかもしれません。

 

これから、

・積水ハウスとパナホームの特徴の違い

・積水ハウスとパナホームの建て方、工法の違い

・積水ハウスとパナホームの価格、坪単価の違い

・積水ハウスとパナホームの商品ラインナップの違い

・積水ハウスとパナホームの耐震性の違い

など、積水ハウスとパナホームを徹底比較します!

【積水ハウスとパナホーム】特徴で比較!

積水ハウスの特徴は、宣伝広告力に優れている影響で、高い営業力を発揮していることです。

 

商品ラインナップの多さもあって、その取引数は他の住宅会社に引けを取りません。

 

一方でパナホームの特徴は、パナホームが独自に開発したオリジナル工法により、長期優良住宅などを手掛けていることです。

【積水ハウスとパナホーム】建て方・工法で比較!

積水ハウスは、主に鉄骨軸組工法と共に、シャーウッド構法と呼ばれる独自の工法によって、様々な住宅を建てており、耐震性や耐久性などに優れています。

 

パナホームは同様に、鉄骨軸組工法と大型パネル工法が主流です。

 

大型パネル工法とは、壁や床、屋根を一つのパネルにして、骨組と一体化させて耐震性を向上させる工法です。

【積水ハウスとパナホーム】価格で比較!

積水ハウスの坪単価は、およそ55~100万円が相場となっています。

 

例えば40坪の家を建てる場合だと、価格はおよそ2200~4000万円となるでしょう。

 

一方でパナホームの坪単価は、55~85万円となっており、積水ハウスよりも若干安めです。

 

40坪の家を建てる場合、価格はおよそ2200~3400万円です。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスとパナホーム】商品ラインナップで比較!

積水ハウスの商品ラインナップは、鉄骨住宅とシャーウッドを中心に、平屋や2階建て、3・4階建ての住宅を数多く提供しています。

 

パナホームも負けじと、幅広い商品ラインナップを展開しており、平屋から9階建てまでの住宅を建てることができます。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスとパナホーム】耐震性で比較!

積水ハウスの住宅の耐震性はとても高く、特にシャーウッドは、木造住宅とは思えないほどの耐震性の高さを誇っています。

 

対するパナホームも、大型パネル工法によって、高い耐震性を確保しており、耐力パネルによって、大きな地震が来ても耐えられる構造になっています。

【積水ハウスとパナホーム】断熱性能で比較!

積水ハウスの断熱性能は、最高等級である4と非常に高く、「ぐるりん断熱」というオリジナルの断熱仕様を採用しているので、申し分ない性能となっています。

 

一方でパナホームは、施工の際に、家をまるごと断熱材で包むかのようになっているため、断熱性能は負けず劣らず高いと言えるでしょう。

【積水ハウスとパナホーム】アフターサービス・保証で比較!

積水ハウスは、時期に合わせた適切な点検を、25年間行ってくれる保証があります。

 

もちろん24時間365日いつでも対応しているため、アフターサービスにも優れています。

 

一方でパナホームの保証期間は、最長で20年間となっており、急なトラブルが起きても、すぐに対応できるように、24時間365日いつでも相談を受け付けています。

まとめ

パナホームは断熱性能や耐震性、商品ラインナップなど、様々な面で優れているので、多くの人におすすめできます。

 

しかし、アフターサービスや営業力の高さ、耐震性などにおいて、積水ハウスも非常に優れているのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

 

住宅を建てる相談がしたい方は、まず積水ハウスに相談してみてはいかがでしょうか??