吹き抜けを作るなら積水ハウス!実例・間取りのポイント総まとめ

積水ハウスで吹き抜けのある家に住みたい!

と思った時、どんなことに注意しますか?

 

吹き抜けはメリットだけでなくデメリットもあるので、よく考えて作る必要があります。

 

今回は、

・吹き抜けはどんな人がおすすめ?

・【積水ハウス】吹き抜けのある家の実例

・【積水ハウス】吹き抜けをつくる!間取りのポイント

・【積水ハウス】吹き抜けはどこに作るのがおすすめ?

・【積水ハウス】吹き抜けのある家のおすすめ商品

など、積水ハウスの吹き抜けに関する、気になる情報を詳しくまとめました!

吹き抜けはどんな人がおすすめ?

上下階で家族とつながりたい人

吹き抜けは屋根がなく、上下階がつながっている家なので、家族でいつでもつながっていたい人におすすめです。

 

何かあった時は、すぐに上や下にいる人に話しかけられますし、何もなくても、同じ空間でつながっているように感じられるでしょう。

天井が高い家に住みたい人

吹き抜けのある家に住むと、天井が高いので、広々とした家に住むことができます。

 

元々狭い家が好きではない人や、もっと広い家に住みたいと感じている人にとって、吹き抜けのある家は、とても住み心地が良い家だと言えます。

開放感のある家に住みたい人

吹き抜けのある家は天井が高いので、視線もかなり違って見えます。

 

視線が高いところまで抜ける家は、非常に大きな開放感が得られるので、その分家が広々としている実感が湧きます。

【積水ハウス】吹き抜けのある家の実例

光あふれる伸びやかな暮らしができる家

出典:Cocotti

玄関を入ると、2階までの大らかな吹き抜けと、正面に見える庭が印象的な家。

 

メインの生活空間であるLDKは、外からの視線が気になりにくい2階にあります。

 

子供が3人いてわんぱくが少々過ぎても、平気なワンルーム感覚の大空間です。

 

家族構成:夫婦+子供(ご主人、奥様、長男、次男、長女)

施主年代:36~45歳

階数:3階

構造:重量鉄骨(βシステム)

商品名:ビエナ

延床面積:278.03㎡(84.1坪)

吹き抜けと大きな開口部から、陽光が降り注ぐ家

出典:Cocotti

一歩中に入ると、光をいっぱいに取り込んだ、大きな吹き抜け空間が広がる家。

 

夏は地窓や天窓から風が通り抜け、冬は密閉性が高いので、温かいのが特徴です。

 

2階廊下はリビングに面しているので、家族の気配を互いに感じることができます。

 

家族構成:夫婦+子供(ご主人、奥様、長女、次女、三女)

施主年代:46~55歳

階数:2階

構造:木造(シャーウッド)

商品名:グラヴィス ヴィラ

延床面積:225.75㎡(68.3坪)

中庭に面した吹き抜けから、光と風を取り入れた家

出典:Cocotti

大開口と吹き抜けにより、開放的なリビングが印象的な家。

 

暮らしのメインになるリビングは、縦に大きくのびる吹き抜けになっています。

 

中庭から光と風を取り入れた空間は、住まい全体の雰囲気を感じることができます。

 

施主年代:46~55歳

階数:2階

構造:重量鉄骨(βシステム)

商品名:ビエナ

延床面積:263.80㎡(79.8坪)

 

合わせて読みたい/

【積水ハウス】吹き抜けをつくる!間取りのポイント

積水ハウスで吹き抜けを作る際は、様々な間取りのポイントがあります。

 

間取りにこだわって吹き抜けをつくることによって、一般的な家にはない、おしゃれで生活しやすい間取りにできますよ。

 

それでは、積水ハウスで吹き抜けをつくる際の、間取りのポイントについて説明します!

吹き抜け+階段の間取り

天井をなくすのではなく、階段部分を吹き抜けにする間取りがあります。

 

一般的な家の場合、階段部分を窮屈に感じる人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、階段部分を吹き抜けにすることにより、開放感を感じながら、上下階を上り下りできるので、窮屈に感じることがなくなります。

吹き抜け+ウッドデッキやバルコニーがある間取り

家の上部に吹き抜けを作ることによって、1階部分だけでなく、2階部分からも日の光が差し込むようになるので、家の中がグッと明るくなります。

 

そして、リビングからウッドデッキやバルコニーに出られるようにすれば、外とつながれる有意義な家に変わるでしょう。

吹き抜け+シーリングファンのついた間取り

吹き抜けをつくる際は、天井をなくすことで、非常に開放感のある間取りになりますが、天井部分にシーリングファンを取り付けることによって、インテリアや室温調整ができるようになります。

 

吹き抜けとシーリングファンは相性が良いので、お手入れに注意できるなら、取り付けてみるのも良いでしょう。

2階の廊下を吹き抜けにした間取り

2階の廊下を吹き抜けにすることにより、1階にいる人とつながることができるのがメリットです。

 

家族の気配を感じつつ移動ができますし、2階の廊下から見た眺めも良いので、吹き抜けをつくる間取りとしておすすめです。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウス】吹き抜けはどこにつくるのがおすすめ?

積水ハウスで吹き抜けを作る場合、どこにつくればいいのか、迷う人もいるのではないでしょうか?

 

吹き抜けを作って何も変わらなかったり、作らなければよかったと思うようであれば、その分の費用がもったいないです。

 

それでは、積水ハウスで吹き抜けはどこに作るのがおすすめか、説明します!

リビング

リビングを吹き抜けにすることにより、天井が一気に高くなるので、大きな開放感を得ることができます。

 

シーリングファンを取り付けることで、インテリアになりますし、日中は窓から差し込む日の光で非常に明るく、風通しも良くなるので、とても過ごしやすい場所になるでしょう。

1階と2階をつなぐ部分

吹き抜けを作る代表的な場所として、1階と2階をつないでいる天井部分を、取り払う方法があります。

 

1階と2階をつなぐ天井がなくなることで、1階や2階に誰かがいても、同じ空間で家族がつながっていられるので、開放感がある分、快適に生活しやすくなります。

【積水ハウス】吹き抜けをつくるならコレ!おすすめ商品

出典:SEKISUI HOUSE

積水ハウスで吹き抜けのある家に住みたいなら、ビー・サイエがおすすめです。

 

この商品は、積水ハウスが50周年を記念して提供したもので、スローリビングをテーマにした、ゆったりとした間取りが特徴となっています。

 

そして吹き抜けは、

・階段部分

・リビング

など、様々な場所に作ることが可能であり、「○○な場所に吹き抜けを作りたい!」という人におすすめできます。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウス】吹き抜けをつくる!価格費用はどれくらい?

積水ハウスで吹き抜けを作る場合の価格費用が、どれくらいになるのか、気になりますよね。

 

参考までに価格を提示すると、39坪で2600万円が相場となっています。

 

もちろんその他のオプションや設備によって、値段は大きく変わりますが、それでも吹き抜けを作る場合の費用は、およそ150~200万円程度だと考えておいた方が良さそうです。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウス】リフォームで吹き抜けはつくれる?

新しく吹き抜けを作りたい!という人もいるかもしれませんが、はたして積水ハウスによるリフォームで、吹き抜けが作れるのか気になりますよね。

 

結論から言えば、積水ハウスによるリフォームで吹き抜けは、相談次第で作れます。

 

もしリフォームで吹き抜けを作る場合の費用は、およそ150~200万円となります。

【積水ハウス】吹き抜けのある家の口コミ!

積水ハウスで吹き抜けを作った人の口コミは、多くあります。

 

メリットやデメリットが多くある吹き抜けだからこそ、事前に口コミを確認することで、吹き抜けを作る際に、どんな対策をすればいいかが、分かるかもしれません。

 

それでは、積水ハウスで吹き抜けを作った人の口コミを紹介します!

悪い口コミ

吹き抜けはない方が良いです。特に冬場が寒くて、1階に長時間いられません。どれだけ暖めても寒いままなので、吹き抜けはやめた方がいいです。

音は響きますし、メンテナンスは大変で、暮らしにくくて困っています。特に音が四六時中響いているので、眠れない日々が続いています。

良い口コミ

非常に開放感がある家になったので、とても清々しい気分で生活しています。家族がどこにいても、気配で分かるので、いつも安心して過ごせます。

日中がかなり明るいのがありがたいですね。今までは2階にライトをつけなければなりませんでしたが、日中にライトをつける必要がなくなったので、ありがたいです。

吹き抜けがあることで、家族の姿がいつでも見られますし、何だかおしゃれな家で生活できているようで、毎日が楽しいです。

まとめると

吹き抜けはよく考えて作らないと、冷暖房の効率の悪さや、音の問題などが発生して、後悔することになるようです。

 

しかし、吹き抜けによって開放感を得たり、家族の気配をいつでも感じられる家になったことで、快適に生活できている人もいるのは確かです。

 

吹き抜けには様々なメリットがあるとはいえ、それでもデメリットの方が、生活に与える影響が大きいと言えます。

 

吹き抜けを作る前に、きちんとデメリットの対策を行うことが、失敗しないための秘訣になるでしょう。

【積水ハウス】吹き抜けのある家のメリットは?

積水ハウスで吹き抜けを作るメリットは多くあります。これから吹き抜けを作ろうと思っている人は、そのメリットを知っているからこそ、作りたいと思ったのでしょう。

 

吹き抜けがあれば、今よりももっと快適に暮らせるかもしれません。

 

それでは、積水ハウスで吹き抜けを作るメリットについて、説明します!

家族の気配を感じられるようになる

吹き抜けを作る場所にもよりますが、吹き抜けを作ることによって、家族の気配を感じやすい、というメリットがあります。

 

家の中にいて、家族がどこにいるか分からないことに、不安を感じる人もいるでしょう。

 

しかし、吹き抜けを作ることによって、遮るものがなくなるため、家族の気配を感じやすくなる、安心感が得られるようになります。

部屋が明るくなる

吹き抜けを作ることによって、日の光を遮るものがなくなるので、日中に部屋が明るくなりやすいです。

 

遮るものがなくなれば、効率良く日の光が室内に入ってくるので、上部にも窓を設置することで、さらに効率良く日の光を取り込むことができるでしょう。

【積水ハウス】吹き抜けのある家のデメリットは?

積水ハウスで吹き抜けを作るメリットは多くありますが、デメリットがあることも忘れてはいけません。

 

デメリットを考えずに吹き抜けを作ってしまうと、思いもよらない事態になるかもしれません。

 

それでは、積水ハウスで吹き抜けを作るデメリットについて、説明します!

冷暖房の効率が悪くなる

吹き抜けによって部屋が広くなったことで、冷暖房の効率が悪くなるデメリットがあります。

 

冷暖房によって、熱い空気は全て2階部分へ逃げてしまうので、シーリングファンを取り付けたり、断熱性を高めるといった対策が必要です。

 

シーリングファンであれば、空気を上手く循環させることができますし、断熱性が高ければ、冷暖房の効率が良くなります。

1階部分が寒い

先程と似ていますが、吹き抜けのある家は、2階部分へ熱が逃げてしまうので、1階部分が寒くなりやすいです。

 

吹き抜けのある家は風邪を引きやすく、ヒートショックを起こしやすいので、2階部分に熱が逃げない対策を行う必要があります。

 

1階と2階を白い布で覆うように分断すれば、2階に熱が逃げにくくなるでしょう。

音が響きやすい

吹き抜けによって空間が広くなった以上、遮音性は皆無に等しくなります。

 

1階で出した音が2階に響くことは珍しくありませんし、逆もまた然りです。

 

後悔する前に音が響くことを想定して、防音対策を徹底するのがおすすめです。

メンテナンスが大変

吹き抜けを作るということは、2階の掃除が大変になるデメリットがあります。

 

特に料理をしている時の煙や匂いは2階に上っていくので、汚れなどを取り除くためにも、キャットウォークを設置すると、メンテナンスがしやすくなるでしょう。

まとめ

積水ハウスで作る吹き抜けは、住宅の性能も相まって、快適に生活できるでしょう。

 

もちろんデメリットもあるので、注意することは多くありますが、きちんと対策を行うことによって、毎日が楽しい生活になるのではないでしょうか?