積水ハウスVS住友林業@価格・坪単価・工法など10項目で徹底比較!

大手ハウスメーカーの一つである、積水ハウスと住友林業を比較した場合、様々な違いがあります。

 

・価格
・坪単価
・特徴
・工法
・耐震性

など、様々な違いがあるので、二つのハウスメーカーを比較して、どちらに依頼するか決めましょう。

 

今回は、

・積水ハウスと住友林業を特徴で比較

・積水ハウスと住友林業を価格、坪単価で比較

・積水ハウスと住友林業を建て方、工法で比較

・積水ハウスと住友林業を耐震性で比較

・積水ハウスと住友林業を設計の自由度で比較

など、積水ハウスと住友林業を徹底比較しました!

【積水ハウスVS住友林業】特徴で比較!

積水ハウスは、数多くのハウスメーカーの中でも、トップクラスの営業力を誇っており、また宣伝力も、他のハウスメーカーと比べて引けを取りません。

 

また、宣伝力の高さに恥じない、商品ラインナップも充実しています。

 

対する住友林業は、シェア数や有資格者の設計士の人数が、トップクラスを誇っているという特徴があります。

 

比較検討される会社の中でも、ほぼ必ず候補に挙げられるほどの、高い認知度もあります。

【積水ハウスVS住友林業】価格・坪単価で比較!

積水ハウスのおおよその坪単価は、55~100万円となっています。

 

大手ハウスメーカーで、相場が高い商品が多くあるので、40坪の家を建てる場合だと、価格は2200~4000万円となります。

 

対する住友林業のおおよその坪単価は、70万円~80万円となっており、積水ハウスよりも価格が安い商品があります。

 

40坪の家を建てる場合、価格は2800~3200万円となるでしょう。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS住友林業】建て方・工法で比較!

積水ハウスでは、主に鉄骨軸組工法とシャーウッド構法で建てられており、特に「シャーウッド構法」は、積水ハウスの自慢の構法です。

 

木造住宅ですが、優れた耐震性や耐久性を誇っています。

 

対する住友林業は、

・ビッグフレーム構法

・マルチバランス構法

・ツーバイフォー構法

の3種類によって建てられています。

 

それぞれ様々な特徴があるため、好みの住宅を建てやすいでしょう。

【積水ハウスVS住友林業】耐震性で比較!

積水ハウスの耐震性は、非常に高い水準を維持しており、特にシャーウッド構法で建てられた木造住宅は、木造の耐震性の脆弱性を克服した、高い耐震性を誇っています。

 

対する住友林業も、非常に高い耐震性を誇っており、特に「ビッグフレーム構法」で建てられた家は、大地震にも耐えられるように設計されています。

【積水ハウスVS住友林業】設計の自由度で比較!

積水ハウスは、様々なオプションによって、ある程度自由な設計が可能ですが、それでも設計の自由度はそれほど高くないと言えるでしょう。

 

ある程度の規格ができていればいい、という人におすすめです。

 

対する住友林業は、設計の自由度が高く、木造住宅で理想的な間取りを実現できると言えるでしょう。

 

自由に間取りを決めたいなら、住友林業の方が良いかもしれませんね。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS住友林業】商品ラインナップで比較!

積水ハウスの商品ラインナップは非常に多く、平屋から4階建てまで、多くの商品の中から、好きな住宅を選ぶことができます。

 

多くの人のニーズに応えるように、努力しているからこそのラインナップだと言えます。

 

対する住友林業も、豊富な商品ラインナップとなっており、平屋から4階建てまで満遍なく用意されています。

 

他にも、

・ZEH住宅

・災害に備えた住宅

・全館空調の住宅

など、魅力的な商品が目白押しです。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS住友林業】標準仕様で比較!

積水ハウスの標準仕様は、

・キッチン

・風呂

・洗面台

など、様々な設備に至るまで、完備しています。

 

LIXILやTOTOなどの、優れた標準仕様が選べるので、さらに便利な設備が導入できるでしょう。

 

対する住友林業は、70色のサイディングカラーや、選べる室内ドアのハンドル、LIXILの玄関ドアなど、様々な標準仕様が揃っています。

 

特に外壁に力を入れており、高級感を出すこともできます。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS住友林業】オプションで比較!

積水ハウスのオプションは、基本的に高性能であり、様々なレパートリーの中から、選ぶことができます。

 

・床暖房

・エコキュート

・浴室暖房乾燥機

などを初めとする、様々なオプションが追加可能です。

 

対する住友林業も、豊富なレパートリーの中から選ぶことが可能で、キッチンや水回りなど、細かなところにまでこだわったオプションがあります。

 

ただ、多くのオプションを追加すると、費用が高くなるので注意が必要です。

【積水ハウスVS住友林業】満足度で比較!

積水ハウスでは、自社の欠点を他のところでカバーしているため、納得できる住宅を建ててくれることから、満足度が非常に高いと言えるでしょう。

 

一方で、住友林業も非常に満足度が高く、住宅性能が非常に高いことから、「安心して住める家」として、満足している人がほとんどです。

 

合わせて読みたい/

【積水ハウスVS住友林業】アフターサービスで比較!

積水ハウスでは、どの季節でもどんな問題が起きたとしても、柔軟に対応してくれるなど、しっかりとしたアフターサービスが整っています。

 

24時間365日、いつでも対応してくれるのも、心強いでしょう。

 

一方で、住友林業も24時間365日いつでも対応可能であり、初期保証が30年、25年まで無料点検を行っています。

 

それ以降は、60年目まで有償で点検を行ってくれます。

まとめ

積水ハウスと住友林業は、共に有名なハウスメーカーであり、提供されている商品ラインナップや住宅性能など、非常に優れたところが魅力です。

 

ですが、

・商品ラインナップの豊富さ

・標準仕様

・価格や坪単価

といった様々な点で比較してみると、積水ハウスの方がおすすめできるところが多いと言えます。

 

どちらにしようか迷った方は、まずは「積水ハウス」から、住宅の相談をしてみてはいかがでしょうか?